Apple WatchでLINEミュージックを操作できるって知ってた?やり方を解説


Apple WatchでLINEミュージックを操作する方法を紹介します。

Apple WatchにはLINEミュージックのアプリが存在しないので全く操作できないように思われていますが、今回紹介する一部の機能なら操作することができます。

手順①:iPhone側の操作

事前の設定・アプリのインストールは不要なので、まずはiPhone側のLINEミュージックで曲を再生してください。再生したらロック画面にしてもOKです。

手順②:Apple Watch側の操作

Apple Watch側は、特に何も操作をしなくても以下のようなプレイヤー画面が自動的に表示されます。この画面からLINEミュージックを操作できます。(※何も設定していなくても、この画面は絶対に表示されます)

他の画面から開く場合

他の画面を開いた場合は、以下の2通りの方法でLINEミュージックの画面に戻れます。

方法①:サイドボタンを押す

Apple Watch本体のサイドボタン(下のボタン)を押します。

 

最近使用したアプリの一覧から「再生中」をタップすれば戻れます。

方法②:時計画面から開く

時計画面の一番上の中央に再生ボタンが小さく表示されるので、タップすれば戻れます。

Apple Watch側で操作できること一覧

①再生・停止・スキップ

再生プレイヤーの中央のボタンで、再生・停止・前の曲へ戻る・次の曲へスキップの操作ができます。

②リピート・シャッフル

画面下の三本線のアイコンをタップして開いた画面で、シャッフルとリピートの設定ができます。

まとめ

簡単にまとめると、iPhoneのロック画面で操作できることを設定不要でそのままApple Watch側でも操作できるということになります。

LINEミュージックの全ての機能を使えるわけではないので物足りないかもしれませんが、iPhoneを開くほどでもないけど曲をスキップしたい時などに便利です。