Apple Watchに天気アプリがない時の原因と対処法


Apple Watchに天気アプリがない時の原因と対処法を紹介します。

iPhoneとApple Watchをペアリングすれば、基本的には何も設定しなくてもApple Watch側で天気アプリを使えるようになりますが、設定によってはApple Watch側に天気アプリが表示されないことがありますので対処法を解説していきます。

Apple Watchに天気アプリがない原因

Apple Watchに天気アプリが表示されない理由は、iPhone側で天気アプリを削除(アンインストール)してしまっているからです。

対処法

iPhoneでApp Storeを開きます。

 

「天気」と検索して、検索結果の一番上の「天気」アプリをタップします。

 

開いた画面で、開発元が「Apple」であることを念のため確認してください。(※iPhoneに元々入っているアプリという意味です)

 

「ダウンロードボタン(雲のアイコン)」をタップします。

 

ダウンロードが完了したら、必ず「開く」をタップしてください。

 

iPhoneで天気アプリを一度でも起動すれば、この時点でApple Watch側にも天気アプリが復活します。

iPhone側の設定項目も復活します

iPhoneのWatchアプリ内の「天気」の設定項目もこの時点で復活するので、軽く目を通しておくのがおすすめです。