【AQUOS sense3】簡易留守録(伝言メモ)の設定・再生・削除方法


AQUOS sense3(SH-M12、SHV45、SH-02M)は簡易留守録(伝言メモ)を設定することができます。

今回は簡易留守録の設定方法と再生・削除方法を順番に解説していきます。

簡易留守録の設定方法

まずはホーム画面の「電話アプリ」→「︙(三点リーダー)」→「設定」の順にタップします。

 

さらに「通話」→「簡易留守録」→「簡易留守録設定」の順に進みます。

 

設定画面が開くので「マナーモード連動」か「ON」を選択すれば簡易留守録がONになります。

関連マナーモードの簡単な設定方法

 

簡易留守録設定中は、画面上部のステータスバーにこの画像のようなマークが表示されます。

簡易留守録の再生、削除方法

録音された留守録を聞くには、簡易留守録設定画面を再度開いて一番上の『簡易留守録再生リスト』をタップします。留守録リストから聞きたい着信をタップすれば再生が始まります。

 

このような再生画面が自動で起動します。削除や保護もこの画面でできます。

留守録の選択・一括削除

留守録を選択や一括でまとめて削除したい場合は、リスト画面に戻って画面右上の「︙(三点リーダー)」をタップすれば『選択削除』か『全件削除』の画面に切り替わります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。